龍神様のお出まし!高千穂河原御奉納

皆さま、こんにちは。

いつも、ブログをお読み下さりありがとうございます。本日は、アマミ舞の鹿児島御奉納を予定通りに行い無事終了しましたことご報告申し上げます。9月29日から10月1日まで3日間に渡り、高千穂河原、霧島神宮、鹿児島神宮、高千穂神社にて、「あわのうた」「君が代」「森羅万象~七色舞楽~」の舞を師匠の鶴阿弥率いる総勢30名の舞人により御奉納させて頂きました。

この御神事を執り行うため、現地であらゆることを準備調整し、私たちを鹿児島の地にお導き下さったのが、鶴先生のご友人で在られる宮崎在住の鬼塚禮兆さんです。鬼塚さんは、先生とお呼びするに相応しい方なのですが、暖かく歓迎をして下さり、大きな愛と真心で接して下さいました。改めまして、この場をお借りしてお礼を述べたいと存じます。

鬼塚禮兆さん、この度は、多大なるご支援とご厚意に預からせて頂くこととなりましたが、すべてが天の計らいであり、鬼塚さんとの出会いは奇跡です。心から感謝を申し上げます。

3泊4日のご奉納の旅は、まるで3週間くらい滞在したかのような密度の濃い時の流れでした。ここから回を重ねてシェアしていきたいと思っていますが、一言に、素晴らしい経験をさせて頂きました。しかし、大きなエネルギーが動き、受け取ったものは計り知れず、未だ言葉にして表現するのが難しいというのが正直なところです。

 

22045692_10214506642369303_4349237138842084148_n (1)

 

奇跡を受け取っての最初のご奉納はここ高千穂河原です。私たちは、禮兆さんの講話により、この地が天孫降臨の地であり、まずはこちらにご挨拶に参らなければならないという大切なお話を伺った上で、正装し気持ちを整え足を運びました。

講話の内容は、3日間で自分自身の最善を尽くすためのセットアップ、とも言うべき高次元の意識へと向かう貴重なお話でしたが、この時間があったからこそ高千穂河原の大地に立つ心の準備が出来ました。あの瞬間、私たちは大いなる神のエネルギーに包まれました。その圧倒的な光を全身全霊で受け取り身が引き締まる中、これからの日本、世界、そして地球平和への祈りをこめて「あわのうた」「君が代」の舞を御奉納させて頂きました。

 

22007769_10214506642289301_4585651903155092238_n

 

舞をした後、天とこの大地とのつながりを肌で感じました。龍神が宿る霧島の地。すると、空には大きな大きな龍のうろこ雲が姿を現し、私たちはもう我を忘れていました。そして、更にその歓びが、再びこの地に戻ってきたという至福と共に遥か昔の遠い記憶につながっていくようでした。正しくここは、高天原であったのです。奇跡に導かれて魂の故郷へ、そしてここから新たなる始まりです。私たちは、暫し歓喜の舞に酔いしれました。

 

22219136_1433428933420738_1960273095_o

 

 

2017年9月29日アマミ舞鹿児島御奉納の始まり始まり…

 

つづく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中