尊々愛し 加計呂麻ワーク

出雲大社御奉納が正式に決まりました。

毎年、出雲大社では、6月1日に真菰の神事と言われる凉殿祭(すずみどののまつり)が執り行われます。古代から今に伝わる神聖なる祭りに合わせ、アマミ舞をご奉納をさせて頂く運びとなりました。現在の社会状況により、柔軟な対応を迫られる中、アマミ舞では2月から3月、4月と鶴先生による加計呂麻島での3泊4日のワークを行うこととなり、御奉納に向けての準備をスタートいたしました。

お稽古は、回を重ねるごとに深い内容となり、心ひとつに尊々愛しの精神を受け継ぎながら、出雲と奄美をつないでいきたいという思いを寄せ、新たな取り組みに心躍らせる日々であります。

尊々愛しの精神とは、いにしえからの時の流れと生命のつながり、無限に拡がる魂の響命、凡ゆるすべてと、母なる地球に心からの感謝を表して、神々への祈りとして唄と舞を捧げていきます。

撮影:アマミ富士

加計呂麻島は、鶴先生が舞を志すと心に誓った場所だそうですが、ワーク2日目の朝、先生は、「加計呂麻島は、神が計られた島なのでしょうね。 」そう語られたのです。それを耳にした時、今ここにいることが最善であるということを私は実感しました。

尊々愛しを舞うことが決まって以来、それまでアマミ舞を全く知らなかった新たなメンバーが加わり、新鮮且つパワフルなエネルギーに満ち溢れています。今という重要な時期に、鶴先生に稽古をつけて頂き、尊々愛しを唄い舞うことが出来ることこそ、計り知れないくらいに尊く、有難く、感謝でしかありません。

そして、アマミ舞の舞人たちとの再会は、格別な想いがありました。

撮影:中村理恵

毎朝7時になると海岸に集まって、あわのうたを舞い、祈り合わせをします。その様子を5マイルの中村理恵さんが、その様子を写真に収めて下さっていました。朝のお忙しい時に、心を合わせ、一緒にいて下さったことを知り、胸がいっぱいになりました。

私たちが尊々愛しの精神を受け継ぐために、5マイルの理恵さん、ご主人、オールスタッフがどれほど支えて下さったことか、これも又計り知れないことであります。神聖なる場所と、皆さんの心暖まるホスピタリティに心から感謝です。世界から、日本各地から、多くの人がこの5マイルにやって来ます。今回はお宿を貸し切って、私たちアマミ舞に対し、全面的なサポートをして下さっています。心より御礼申し上げます。そして、来月もワークが控えておりますが、5マイルの皆さん、どうぞ宜しくお願いいたします。

撮影:中村理恵

理恵さんが撮って下さった写真を見て、鶴先生は、「龍が光の球をくわえている」そう仰いました。これこそ、鶴の一声です!その言葉は、天からの光のメッセージのように聴こえました。

見るもの、聴こえる音、感じるもの、そのすべてが尊々愛し、尊々愛し、尊々愛し…

そして、又新しい始まりです。

出雲大社御奉納、大切な御神事に向けて、日々精進して参りたいと思います。

鶴先生、皆さま、貴重なお時間をご一緒させて頂き、誠にありがとうございました。

アマミ 富士

6月1日出雲大社御奉納

皆さま、ご機嫌よう。

2021年になり、新たな未来に向かおうと一歩ずつ確かな歩みと共に稽古をスタートして参りました。


既に2月、3月と2回に渡り、加計呂麻にて3泊4日のワークを終了、ただ今、3回目となる4月のワーク準備に入っています。
そして、今日、この佳き日にアマミ舞ご奉納のお知らせをさせて頂きたく存じます。


6月1日、出雲大社にて執り行われます真菰の神事と言われる凉殿祭(すずみどののまつり)に合わせ、正式参拝後、アマミ舞をご奉納をさせて頂く運びとなりましたこと、ご報告申し上げます。
又、クナト大神様をお祀りする敷地内にておきまして、ご奉納を致したく思っております。


2年に一度、行われておりますマコモサミット次回の2023年の開催は、奄美大島に決定しました。


大変喜こばしいことであり、私たちはそれを受け、奄美の神々様への感謝の御言の葉、「尊尊愛し」の精神を出雲の神々様へお伝えすべく、ご奉納させて頂きたいと思っています。


【出雲大社ご奉納のご案内】
日時 : 5/30〜6/1 15時解散
参加人数 : 20名(お申し込み順とさせて頂きます)

詳細 : お申し込み後にお知らせいたします。


宿泊 : 出雲在住の品野美穂さんのご協力により、稽古場、宿泊、お食事をすべて完備された素晴らしい施設をご用意して頂いておりまして、3泊分5,000円(食費別途)でのご提供となります。

お問い合わせ・お申し込みはこちらにお願いいたします。

担当者:アマミ富士 fujiko.appreciate@gmail.com

尚、現在の不安定な社会状況から、この先も柔軟な対応を心がけていく必要性がある故、ご参加される方々との連携を強め最善を尽くして参りますので、素晴らしいご奉納が出来ますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

3月13日 花柳 鶴寿賀

アマミ舞屋久島稽古会のご案内

皆さま、こんにちは。

寒い日々が続きますが、お元気でいらっしゃいますか。今日は、屋久島で初めてのアマミ舞稽古会についてのお知らせをさせて頂きます。

この度、素晴らしい屋久島の地で、ご縁ある方々が集まってのアマミ舞稽古会を開催することとなりました。

大自然に育まれ、自然と共存する暮らしの中で、祈りそして舞うことは、生きとし生ける全てと響命し、この地球に住うスピリットとしての光を分かち合うことではないでしょうか。

新しい未来が生まれようとする中で、私たちは、神なる存在の一部であることを認め、天と地を繋ぐそれぞれの使命を果たす時であると思います。

是非、心をひとつに祈りの舞を始めませんか。

奄美大島にいらっしゃる花柳鶴寿賀先生は、長きに渡り、この屋久島に祈りを捧げてこられましたが、この度、師匠より稽古会開催を仰せつかりました。

屋久島は、大いなる宇宙へ向かうエネルギーが存在する島だと思います。この島で、皆さまとご一緒に舞えることを心から嬉しく思い、感謝申し上げます。

アマミ舞 屋久島支部稽古会のご案内

日時:1月20日(水)13:30~15:30

会場:屋久島町尾之間(詳細は、お申し込み頂いた方にお知らせします)

参加費:3,000円

稽古指導者:アマミ富士(アマミ舞鈴之位

補導:アマミ菜菜(アマミ舞鈴之位)

持ち物:稽古着として、白又は生成りの上下、足袋、水や飲み物

アマミ舞は、全国各地で稽古会を開催しております。スケジュールが決定次第、随時お知らせいたします。詳細は、ホームページ内の稽古スケジュールに掲載いたしますが、各地の稽古会を行うメンバーを明記いたします。お問い合わせなどございましたら、お気軽日ご連絡下さい。

東京

アマミ恵美(アマミ舞宝珠之位)
アマミ恵巳(アマミ舞鈴之位)


大阪

アマミ青(アマミ舞鈴之位)

【開催準備中】

東京

アマミ了(アマミ舞鈴之位)

八ヶ岳

アマミ申(アマミ舞鈴之位)


奄美

龍郷町 龍学館にて5月より開始予定

アマミ稲菜(アマミ舞宝珠之)

壱岐

アマミ左貴(アマミ舞宝珠之位)

大分

アマミ厚 (アマミ舞鈴之位)

皆さま、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アマミ富士
アマミ菜菜

アマミ舞会員の皆様へ

皆さま、こんにちは!

全国的に大変厳しい寒さが続いていますが、暖かい春が待ち遠しいですね。

新しい年を迎えましたが、大きな変化を乗り越えて新しい未来に向かう今、希望を胸に、意識を合わせて進んで参りたいと思います。

鶴先生は、「今年は、心を鎮めながら、しかし確実に一歩一歩進んでいきます」と仰いました。

アマミ舞に集うお一人おひとりが、それぞれ、ご自分の人生を大切にしながら、アマミ舞の活動にご参加下さり、愛や喜び、人生の豊かさなどを分かち合っていけたらと願っております。

さて、年会費のお振り込みのお願いでございます。

舞い手としての活動を引き継ぎご参加下さる皆さま、1月末日までに2021年度の年会費といたしまして、下記の銀行口座までお振込み下さいませ。

また、アマミ舞の活動にご支援下さる賛助会員の皆さま、法人さまの年会費そしてご寄付をお願いいたします。

尚、お振込み頂いた会費やご寄付は、ご奉納や資格取得など高い志を持つ舞人への活動費や奨学金などに当てております。皆さまのご理解ご支援に、心より感謝申し上げます。

お振込み先、銀行口座はこちらです。

【みずほ銀行 烏山支店】

店番号:220
口座番号:1256324
振り込み先:一般社団法人アマミ舞協会
振り込み金額:10,000円

2021年が、世界中のすべての人が、自然と調和する人間本来の生き方に立ち返り、愛と喜びに満ち溢れた年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

アマミ舞創始者 花柳 鶴寿賀

来春は ‟尊尊愛がなし„を舞います

2020年が終わりに近づいてきました。

皆様、お元気でいらっしゃいますか。大変ご無沙汰しています。

2020年という年は、誰もが予想していなかった困難を経験し、今、社会全体が大きく変わろうとしていますね。これまでと同じように事は進まず、そんな中、各地へ出向いていくことや稽古会開催も難しくなり、戸惑うことも多々ありました。しかし、今は壮大なレベルでの変化変容の時!とあらば、ここは覚悟を持って進みべきと心しておりました。

そんな中、仲間が集っての稽古が出来ない分、遠隔稽古をしたり、分かち合いを通して絆を深め、意識を高めながら新たな時代に向かう準備が出来てきたように思います。未来とは誰にも分からないものですが、ここから先は、我々一人ひとりに備わっている才能や能力が重要になっていくのではないでしょうか。その能力を与え合い、協力し合いながら新しい世界を築いてく…そんな時代になっていくように感じます。アマミ舞もそういった意識を大切にしながら、未来に向かうコミュニティとして気持ちも新たに出発したいと存じます。

冬至の今日…

この日を迎えられることに感謝。

今、母なる地球が顕在にしていることに感謝。

一人ひとりの命の響命、未来への創造がここから始まると確信し祈り舞います。

ー2021年春、アマミ舞最新舞「尊尊愛がなし」稽古のご案内ー

アマミ舞には、基本の舞がございます。「天のみとびら」「あわのうた」「ひふみ」「龍神祝詞」「君が代」などは、その代表的な作品で、これまで各地でのご奉納で舞わせて頂きました。

2021年、新たな舞が誕生します。

これは、後に、出雲でご奉納させて頂くとのとなる…そのことだけを今はお伝えいたします。

命の響命が永遠に続いていきますように、この地球の聖なる誕生に感謝し、アマミ舞の新たな舞として、全身全霊で祈り舞わせて頂きます。

尊尊愛がなし

作詞:岩城 安宏  作編曲:飯田 俊明

歌:MINEHAHA 太鼓:大倉 正之助

振付け:花柳 鶴寿賀

稽古日程

第1回目:2月5,6,7,8 (3泊4日)

第2回目:3月5,6,7,8(3泊4日)

稽古会場:奄美加計呂麻島

詳細は、決定次第ご案内いたします。まずは、新たなる試みをこの良き日にお知らせしたく、今後の最新情報をお楽しみになさって下さいませ。

皆さまのご参加、心よりお待ち申し上げています。

2021年、ゆっくりと静かに一歩一歩、新たな道を確実に歩いていきたいと存じます。皆さま、是非ご一緒に祈り舞い、共に光に向かいましょう。

尊尊愛がなし…

花柳 鶴寿賀